MW WP FORMの内容をソリマチの顧客王に取り込む場合のカスタマイズメモ

WordPress MW WP FORM 側

■DBに保存する設定にする。取り込む列は、全部、管理者宛のメール本文に{●●}で記載。(管理者宛メール本文にある項目がDBに保存される。)

■フィルタ mwform_contact_data_save-mwf_xxx で、

・顧客王に取り込みたい値に整形する。DBに保存する列の追加を行う。

・顧客王「顧客名」に該当する列は、お問い合わせ番号を連結させる等して、一意になるようにしておいたほうが良い。顧客王で同じ顧客名の場合に取り込めない。

・コードで顧客王に取り込む場合は、選択肢 → 顧客王のコード化する。

・各項目、顧客王のバリデーションに合わせて、数値化処理などする。

・画像のURLが欲しい場合は、画像IDからURLを取得。

・textarea の改行を除去などする。(顧客王でCSVの2行目と判断されてしまう。)

・顧客王取り込み用の列を追加して、見出し名を 「0顧客王_XXXX_01」、「0顧客王_XXXX_02」などにして、CSVの列の並び順を制御してもよい。(別のフィルタでCSVの列の並び順を変更してもいい。)

■フィルタ my_mwform_simu2_get_inquiry_data_args_xxx で、

・CSVダウンロードする項目を絞り込む。(検索結果のみをダウンロードする等。)

    if(isset($_POST[‘mw-wp-form-csv-download’]) && $_POST[‘mw-wp-form-csv-download’] == 1){ } でダウンロード処理時のみを指定可能。

顧客王(テキストデータ入力)

・カンマ区切り、値は「”」で囲まれている設定にする。値にカンマが入っていても大丈夫になる。

・CSVの頭の方の取り込まない列にダミー列を追加。CSVの後半の不要列部分は、ダミーは不要。個人法人区分列、顧客コード列(初期値:最大値+1)は必須。

要望(それぞれ、十分汎用的で親切で使いやすいソフトなので、贅沢な要望だと思いますが。)

・MW WP FORMで選択行のみのCSVダウンロード機能がほしい。

・(この記事とは関係ないですが、)ユーザー宛メールのBCC設定機能がほしい。お客様に届いたメールも確認したい。(フィルタで設定可能ではありますが。)

・顧客王は、改行有りの値の取り込みに対応してほしい。

・顧客王で、画面項目名=列名なので、列を探しにくい。顧客カード画面にID表示モード。取り込み項目選択欄にID表示をしてほしい。

previous_post_link()、previous_post_link() の$in_same_termの「同じターム」って何?

WordPressの投稿ページで改ページリンクを作ってくれる関数 previous_post_link()、previous_post_link() ですが、第3引数 $in_same_term にtrueを指定すると、同じカテゴリ内で遷移するようリンクを作成してくれる。

でも、同じカテゴリって何?って思いソースを追ってみると、get_adjacent_post() という関数に行きつく。ソースを見ると、表示中の記事の全カテゴリから、(指定があれば)第4引数の除外カテゴリIDを取り除いて、1つでも同じカテゴリを含む投稿が対象となるようです。「2つ以上タームが付いている場合はどのタームがついた投稿へリンクするかは選べません。」とか書かずに、「表示中の記事に1つでもカテゴリが一致する記事が遷移対象」とか書けばよいのに。

 

WordPressの古いバージョンのプラグインをダウンロードする方法

公式サイトの各プラグインページの右下の「互換性」欄でバージョン番号を確認して、最新バージョンのダウンロードURLのバージョン部分を書き換えてダウンロードします。

例)
最新版URL(2015/10/10 現在):

https://downloads.wordpress.org/plugin/wp-super-cache.1.4.6.zip

↓ バージョン1.3.3をダウンロードする場合

https://downloads.wordpress.org/plugin/wp-super-cache.1.3.3.zip

セキュリティ上、WordPressもプラグインも最新版(最新の安定版)を使うべきでしょうけど、もしもの場合に。

 

sidebar-login ユーザー名が文字化け

ワードプレスのプラグイン「sidebar-login」で %username%部分で日本語が文字化け。

なんでかと思えば、class-sidebar-login-widget.php で1文字目を大文字にしています。

array( ucwords( $this->user->display_name ), $this->user->ID )

array( $this->user->display_name , $this->user->ID )
に修正して解決。

変な気を使わないでくださいという感じです。

 

WordPressプラグイン「simple map」で地図が表示されない場合

ショートコード[map xxxxx]を登録したページのソースを見て、「simple-map.min.js」が読み込まれていない場合は、simple-map.phpの73行目あたりのwp_register_script() の第3引数で優先読込に指定されてる’jquery’を削除すると正常に読み込まれる場合があります。テーマや環境によってはハンドル名「’jquery’」でjqueryを読み込んでいないからと思われます。